冷蔵庫 輸送 料金

冷蔵庫の輸送料金はいくら@安い料金で運ぶ達人

冷蔵庫 輸送

冷蔵庫 輸送料

冷蔵庫 郵送

冷蔵庫 送る

 

冷蔵庫は家の中で1番大きくて重い電化製品です。
大きなものでは100kgを超えるので、1人で運ぶのはほとんど不可能です。

 

冷蔵庫を輸送する方法をお探しですか?
それなら、引越し業者がオススメです。

 

大手の宅配業者でも家電を輸送するサービスはありますが、あまり競争がないため割高になります。
できるだけ安く運んでもらいたいなら、引越し業者一括見積もりで比較するのが1番簡単で確実です。

 

冷蔵庫 輸送

 

実はあまり知られていませんが、引越し業者には大きな家電だけを運んでくれるサービスをしているところが結構あります。
引越しの時に、費用を安く抑える裏技にもなります。

 

レンタカーのトラックを借りて自分で運ぶという方法もありますが、冷蔵庫を自力で運んでトラックに載せて移動するというのは素人には危険です。
物件に傷をつけたり、怪我をしてしまっては元も子もありません。

 

冷蔵庫の輸送は引越し業者にお願いするのが、1番簡単で安くおさまるのではないでしょうか。

 

引越し業者一括見積もり、上手に活用してくださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越しとレンタカー

 

冷蔵庫 輸送 レンタカー

 

荷物が少なくて近所への引越しの場合は、レンタカーでの自力引越しも考えますよね。

 

レンタカーで自力引越しをする場合の条件は@距離が近いこと A荷物が少ないこと B人手があること です。

 

自分で引越しする場合でもやはり2〜3回は往復すること考えられますから、遠いとレンタカーでの引越しは難しいです。
自分で運転して荷物も運び入れるとなると、想像よりもはるかに疲れます。
それに素人が大きな家財をトラックに積み込む際は上手に積み込めないものです。
運転中に冷蔵庫など背の高いものが倒れるんじゃないかと思うととても怖いですよね。

 

そして荷物が多い場合は何度も往復せねばなりませんし、時間がかかるとそれだけレンタカーのレンタル料がかさみます。
レンタカーは最後にガソリン代を満タンにして返さなければなりませんので、返却する際は少し早めにレンタル会社に行かねばならないのです。

 

時間に追われるととても気が焦って危険です。

 

あとは2〜3人手伝ってくれる人がいることです。
引越しの際に例えばタンスや冷蔵庫、洗濯機などの大きな家財は人手がないとトラックに積み込めません。
手伝いが1人だとその人に負担がかかって、申し訳ない気持ちになるので2〜3人は欲しいところです。

 

レンタカーでの引越しは費用が安くなるイメージがありますね。

 

トラックのレンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】です。

 

これに友達への謝礼・お弁当・お茶代などもかかります。さすがにタダでやってもらうのは申し訳ないですよ。
そしてもし引っ越しの最中に家電を落として壊しても、補償がありません。

 

場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もありますから、比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

引越し業者の繁忙期と費用

 

引越し業者 繁忙期

 

引越しには繁忙期があります。
引越し業者の繁忙期はズバリ3月です。

 

正確に言うと、2月の終わりから4月の頭までが引越し業者の繁忙期で、この時期は日本全国どこの引越し業者も大忙しです。

 

なぜこんなに集中するのでしょうか?

 

それは4月の新学期に新生活を始めるために3月に多くの引越しが行われるからです。

 

受験戦争を勝ち抜いた新大学生、就職活動を頑張った新社会人、転勤で異動になったサラリーマンとその家族の引越しが一気に来ます。
4月の新学期のせいで、日本では3月に移動する理由が多くなるのです。

 

これに通常の引越しもありますから、繁忙期はどうしてもアルバイトのスタッフを増やしたり、残業をして頑張ります。
それでも日によっては予約が多すぎて、断らざる得ないのが現状です。

 

こんな状況ですから、繁忙期の引越しは通常期に比べて高めに設定されおり、割引もあまり期待できないのです。

 

当然冷蔵庫だけを運びたいなどの単品配送でも費用は高くなります。
もし可能であれば繁忙期を避けて引越ししてくださいね。

 

 

引越しの手順を確認

 

引越し 順番

 

・新居が決まったら引越し業者へ見積もりを依頼する。
引越し費用は新居の住所や物件の状況がわからないと正確な金額がわかりません。
例えばエレベーターのある4階とない4階の引越しとでは料金が同じではないのは分かりますね。
しかしのんびりしていると良い引っ越し業者から予約が埋まりますから、新居が決まったらすぐ引越し業者に見積もりを取って契約しておきましょう。

 

・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに普段あまり使わないものからすこしずつ梱包していきます。
その時に出る不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てましょう。
粗大ごみはリサイクルセンターなどに連絡して有料で取りにきてもらうか、自分で持ち込むなどして捨てましょう。
引越しの際に荷物が多いと費用が高くなりますから、いらないものは売る、あげる、捨てるなどの方法で処分してくださいね。

 

市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)
市外へ引越しする際は転出届を提出します。出し忘れると選挙の投票用紙などが届かなくなります。
さらに国民健康保険や年金の届けについても役所で聞いておくと二度手間になりません。

 

・電気・ガス・水道会社に引越しする連絡をして、詳細や精算方法などを確認する。
電気などのインフラは引越し日までは使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。
うっかり新居での手配を忘れると、電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルになります。

 

・郵便局に新居への郵便物転送する手続き(届出から1年間有効)
郵便物が新居に届くようにするには引越ししましたハガキを出したり、住所変更の手続きが終わってからになります。
最寄りの郵便局で転送の手続きすると、1年間は新居に届くようにできます。

 

・冷蔵庫の電源をオフする。
引越しの2日くらい前までに冷蔵庫の中身を処分して、前日にはコンセントを抜きましょう。
すると霜が溶けて水が出ますので、それらは捨てておいてくださいね。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日は引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなど指示が必要です。前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日はスムーズです。
貴重品、現金、宝石、パソコンのデータ、遺影など財産になるものや大事なものは自分で運んでください。

 

市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出する。
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行う。
役所関係以外でも、免許やパスポートなどは住所変更の手続きが必要です。
免許証は身分証にもなりますので、早めに必ず行いましょう。

 

 

引越しでの粗大ごみの処分

 

引越し 粗大ごみ

 

引越しをするときには必ずいらないものが出ます。
大きな家財は普段なかなか捨てることが出来ないので、引越しの機会に思い切っていらない家具を断捨離しましょう。

 

しかし粗大ごみはいつでも自分の好きなタイミングで捨てられるわけではありません。
市区町村によって回収方法は違いますが、おおまかに粗大ごみの処分方法を説明します。

 

自治体によって施設の名前が違いますが、クリーンセンターやリサイクルセンターなどに電話連絡をして、引き取りに来てもらう日を予約します。
そしてコンビニなどで「粗大ごみシール」を家具によって定められた手数料を支払って、そのシールを捨てたい家財に貼って約束の場所に時間以内に置いておけば引き取りに来てくれます。
このとき1つの粗大ごみに対してシールが1枚必要です。黙って置いておいてもついでに持って帰ってはくれません。

 

もう一つの方法はやはり電話予約をして、自分でリサイクルセンターに持ち込む方法です。
この場合は粗大ごみシールを貼る必要はありません。

 

詳しくはお住いの市区町村の役場のホームページで確認してください。

 

ただし、注意しなければならない家電があります。

 

エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法により粗大ごみ扱いにはならないため、家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。
どこで買ったのか分からない場合は、お住いの自治体にご相談ください。

 

 

引越しは自分の力でする場合と業者

引越しは、自分の力でする場合と業者に依頼する場合があります。独り身だと、そこまで荷物が多くないため、自分でしてしまうことができます。

 

引越し業者に依頼した時に驚いたことは、荷下ろしにかかる時間がとても短いということでした。
段取りだけにとどまらず、二人で仕事をするとまるで違うなと思いました。
引っ越しが終わったら、市町村役場でさまざまな手続きを行う必要があります。後、近くの警察に行って、住所変更をする必要もあるでしょう。基本的には、住民票の写しを出すと、即手続きは完了します。手続きが終わった免許の裏面には、新しい住所に変更されています。
家族揃って今年の春に引っ越しを経験しました。
元々暮らしていた家を建て替えるためにすぐ近くの家に引越しました。荷物運びは友人に手伝ってもらい行ったので、引っ越しの費用自体はかからずに済みました。
ただたった一つ苦労した点は、私がまだ幼かった頃から長年使っていたピアノがかなり重量があって重く、運搬に苦労したことです。
引越をする場合、まず部屋の明け渡しをするときに金銭的なトラブルに発展する場合があります。
冷蔵庫の輸送

 

部屋を明け渡す際にどのような費用がかかるのか、どのようなケースがあり弁償することになるのかなど新しい部屋を借りる前にちゃんと確認しましょう。
また、請求に及んだ場合で、納得がいかない場合は、支払わなくてもいい費用が入れられているかもしれないので、知識を正しく知っておくことが大切です。

 

引越しを実際に行うとなると、荷物のたくさん入ったダンボールをジャマにならない場所に運んだり、業者さんに混じって家財道具を運んだりと大忙しです。

 

 

しばらくの間そういったことを行っていると、手のひらは家具の重みなどで真っ赤になります。業者さんの手をふと見ると、しっかりと軍手がはめてあります。業者さんに頼むにしても、自分の軍手も絶対に必要だなと思います。

 

転居に伴う荷物まとめの際に皿やグラス、雑貨で破損しやすい物はタオルや洋服などで梱包します不要な雑誌や、新聞紙もいいですが、想像以上に量が多くなり、捨てることが大変です。引越しが終えると、多くの空ダンボールが発生しますし、それに加え紙くずも出ると予想以上にスペースを取ります。引越しばかりに限らず、仕事をやれる方は、段取りが巧みだと言われます。

 

引越しをしようとする場合、どれを先に積もうかとかどれをどの場所に収納するか等、意外に頭を使うのです。

 

 

そのため、引越し業者の鮮やかな段取りのよさに感動した経験のある方も多いと思われます。引越するとなると、電話の契約変更も必要となります。

 

ただ、固定電話以外の話をすると、携帯電話だけの人は、携帯ショップにて住所変更を行うか、ネット上で手続きするかだけで、ほかには必要なことはありません。
この頃の人たちは、固定電話を必要としないケースがほとんどです。